初心者のための「マクロフォトスクール」

    クローズアップマクロを撮ってみたい、もっと上手く撮りたいと言う方のお手伝いを無料でさせて頂きたいと思っています。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ボケを楽しむ

    MG_8476.jpg


    前ボケの話。
    マクロレンズで使う撮影手法。

    写真のエッセンスのように見えますけど
    それだけではなく
    実は色々訳あっての前ボケ仕様の場合があるのです。
    ↑の場合。
    前ボケで ヒマワリの茎や葉を隠しています。
    しおれた物 土の色
    そういう物も 前ボケを使って 隠しています。
    ヒマワリの黄色で画面を埋め尽くすことで 一枚の写真をヒマワリ色に染めました。

    ただし 見せたい花のピントをしっかりと合わせるのが基本です。
    四角い画角の中 どの部分に ぼけてないメインのヒマワリの花を置くか。
    これは 構図。
    以前差し上げた テキストでも触れていますけど
    「黄金比率」を意識してみましょう。
    写真に 等倍に 横に二本 縦に二本の線を引いてみましょう。
    私のヒマワリのお花は どの位置に来ていますか?

    ヒマワリのお花の向きに注目してください。
    ヒマワリのお花の向きの方向に 空間を空けるが 基本です。
    ヒマワリが反対を向いていれば ヒマワリのお花の位置は 左角に 持って行きます。
    後ろ姿をメインにしたかったら 左下 右下に ヒマワリを置くのも 面白いかもわかりません。

    一列に植えてあるヒマワリでしたら
    左右のヒマワリをぼかして 中央のヒマワリをど真ん中にして 奥行きを出して見るのも面白い。
    そういう場合 ぼけに使う左右のヒマワリが離れすぎてたりしたら
    一本のヒマワリのお花の 上の方の花びらの間から 覗いて見ると
    左右を黄色い色でぼかすことが出来ます。
    ど真ん中にヒマワリを置いて 周りをまぁる苦ぼかしたい場合は
    密集したヒマワリの花びらの中から 選んだ一輪のヒマワリにしっかりとピントを合わせてみましょう。

    まずは ヒマワリ畑で ヒマワリを観察してみること。
    じっくりと 目でヒマワリの咲き方を見て
    ぼけに使えそうなお花を先に探して
    その先にどういう風に ヒマワリが見えるかを探す方が楽かもわからないですね。

    ボケの濃さは 自分のカメラとレンズ
    経験。
    ファインダーの中では お花は見えてたのに
    PCに読み込むと お花がボケで思うように出てなかったり
    かぶせて隠したつもりの花がしっかりと見えてたり。
    ボケの手法を使うときは 自分のカメラとレンズの組み合わせでは どういう風に見えるとどのくらいボケの濃さが出てくるのか 把握できるようになると良いですね。

    ボケを使う場合は
    メインの被写体のピントをしっかりと合わせることを心がけてください。

    沢山、一面に咲いてる。。を マクロレンズで表現する手法、
    枯れたお花 しおれたお花 違う色を隠して 同色にまとめる手法として
    前ボケを使って見てください。

     前ボケは こういう場合でも使えるって言う 一例でした。


    k_MG_8478.jpg


    さて、ヒマワリをもう一枚。

    これは 何のための前ボケか。

     簡単(笑)
    日射しが強い日で ヒマワリの花びらに光が当たってて
    はなびらにが光を反射して 花びらが しろとびしてたことがきっかけ。

    光を反射してる・・を 測光して反射を押さえた撮影をする。。も 一つの方法ですけど
    私は 前ボケで 光の反射を隠してしまいました。
    どっかりと 一輪のヒマワリを持ってくるとヒマワリは 日の丸になるので
    それを避ける・・って いう意味合いと
    片方の花を半分 片方の花の花びらだけを・・
    は 私の考えてみた構図です。
    何の花かわかるし 大きなお花でマクロ寄りして撮影する場合 全体を写すより
    こういう感じで パーツ撮りをする方が 雰囲気が良いんじゃないかと思います。
    もちろん 二輪のお花の割合は

     この写真に 縦二本 横二本の線を引いてみて下されば
    私が意識した お花の位置が理解していただけると思います。

    「黄金比率」は 無視してもかまわないことだとは思いますけど
    見てて落ちつく バランスですので
    私も含めて「センスがちょっと足りないな」って思う方は
    この比率を頭に入れて 構図を作って見る・・を 繰り返し訓練し
    それから つぎのステップへと進まれることをお勧めしたいです。

    次のステップに付いては 次回。



    ここを読まれる皆さんは もう、 お教えしなくても出来る技だとは思いますけど
    次回は「光の玉ぼけ」
    そのほかの 玉ぼけに付いて 書いて見たいと思っています。

    長い文章
    意味のまとまらない文章を 読んでくださって ありがとうございます。
    もう一度読み直し 訂正する場合も有るかと思います。

    ご質問や 間違いが有りましたらお教えください。

     




    スポンサーサイト

    Top

    HOME

    macropt

    Author:macropt

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。